No.096 横井詩織

タレントとして輝いて、バレエ教室を開きたい。
今日から大人宣言グラビア!

初めて舞台に立ったのは「4歳か5歳」の時だった。習い始めたバレエの発表会で『アマリリス』を踊った。その後もバレエには本気で取り組み、中学生になった頃には、先生の助手として小さな子に教えるほどに。最近ではオペラシティや大宮ソニックシティのステージでも踊る現役バレリーナ。豊富なステージ経験の中で「主役のすごさ」を実感した。「ハプニングがあっても、うろたえないで周囲を気にかけ、ステージの中心で輝き続ける。主役の人にはそんな強さがあるんです」という。

この春、高校を卒業。タレントとして「輝く」ことへの挑戦を決意した。第一歩の目標にした『どるばこ』出演を果たして順調なスタートだ。「バレエを頑張ると、胸が筋肉になっちゃうんです。だからEカップしかなくて。ほんとはFかGがいいなぁ」と浮かぬ顔。いやいや、十分ご立派ですって。ちょっとクールな表情と均整のとれたボディは、18歳とは思えないほど大人びている。実際「小学生の妹と街を歩いていると、若くてきれいなお母さんね、とか、間違えられることが多い」のだ。女子校だったから、高校時代は恋愛とも無縁。「自分の中の自分は、まだ子供」。容姿の大人っぽさと、ココロの幼い部分とが「揺れてぶつかり合ってる感じ」って、ううん、青春だねぇ。イナバウアーポーズまで披露してくれたWEB『どるばこ』の写真集。詩織クンのポテンシャルを要チェックだ!

Profile/Shiori Yokoi

自己紹介ムービー

YouTube Preview Image

Category: 今週のどるばこ美女 | Tags: , , , , Comment »


コメントを残してください!



CAPTCHA Image CAPTCHA Audio
Refresh Image

Back to top